CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY CSR

事業活動におけるSDGs

新居浜北火力発電所およびLNG基地の建設について

新居浜北火力発電所の建設
当社では、エネルギーの多様化と環境負荷低減の観点から、天然ガスを主燃料とする出力15万kWの新居浜北火力発電所の建設を決定しました。
新居浜北火力発電所では、近隣の化学プラントから発生する副生水素ガスも燃料として有効活用するとともに、発電のために使用した蒸気を供給するコージェネ方式を採用することで、高いエネルギー効率を実現します。
【出力:約15万kW 工事着工予定:2020年7月 運転開始予定:2022年7月】

新居浜LNG基地の建設
新居浜北火力発電所および住友化学愛媛工場構内等への天然ガス供給事業を行うため、当社と東京ガスエンジニアリングソリューションズ㈱、住友化学㈱、四国電力㈱、四国ガス㈱の5社共同にて、新居浜LNG㈱を設立し、LNG基地の建設工事を進めています。
【所在地:新居浜市惣開町 LNG基地操業開始予定 2022年2月】

  • LNG基地完成イメージ
    LNG基地完成イメージ
  • 天然ガス火力発電所完成イメージ
    天然ガス火力発電所完成イメージ

出力:15万kW 燃料:天然ガス、副生ガス(水素)

コージェネレーション(熱電併給)によるエネルギー効率の向上

[コージェネによる熱効率の向上]

当社では、発電の際に発生した蒸気を、近隣の化学プラントへ供給することを通じて、発電のみ行うシステムに比べて、エネルギー効率を大幅に向上させています。

コージェネページへ

再生可能エネルギーの導入促進

  • バイオマス発電
    バイオマス発電
  • 太陽光発電
    太陽光発電
  • 小水力発電
    小水力発電

川崎バイオマス発電事業

「国内初の都市型バイオマス発電所」

川崎バイオマス発電所は、京浜工業地帯の中核ともいうべき神奈川県川崎市に立地し、出力33,000kWと国内有数のバイオマス専焼発電所です。

バイオマス発電所というと、燃料の豊富な山間部に作られがちでしたが、川崎バイオマス発電所は、日本で初めて都市部へ建設した都市型バイオマス発電所です。

  • 発電所
    発電所
  • バイオマス燃料保管場所
    バイオマス燃料保管場所