FACILITY INFORMATION 設備情報

火力発電

新居浜西火力発電所

戦後の経済発展により急増した電力消費に対応するため、石炭・重油の混焼、専焼が可能な設備として、1959年に1号機が、1962年に2号機が建設されました。また、近年に電力需要増加に対応するため、2008年に建設された3号機では、近隣工場へ蒸気供給も行う熱電併給方式を採用することで、総合熱効率56%という非常に高い効率となっています。
温暖化対策として、木質バイオマスの混焼にも積極的に取り組み、低廉な電力の安定供給に努めています。

新居浜西火力発電所

設備概要

名称運転開始出力使用燃料
西火力1号機1959年8月75,000kW石炭、重油、木質バイオマス
西火力2号機1962年9月75,000kW石炭、重油、木質バイオマス
西火力3号機2008年3月150,000kW石炭、木質バイオマス