土木・建築の知識を電力事業で活かす。地域社会や産業の発展、そして人々の幸せにつながる実感を得ながら。住友共同電力株式会社 技術部 土木チーム 荒井 翔太

土木・建築の知識を電力事業で活かす。地域社会や産業の発展、そして人々の幸せにつながる実感を得ながら。

住友共同電力株式会社 発電部
土木チーム 荒井 翔太

これまでのキャリアを振り返って

これまでのキャリアを振り返って

現在、土木・建築工事における設計から施工、そして保全管理などに取組んでいます。当社では、愛媛県東予地域に3つの火力発電所と愛媛県・高知県に11ヶ所の水力発電所を保有しており、こうした発電設備の性能を発揮するためには、土木建築設備についても定期的なメンテナンスや改善工事、改善業務などが欠かせません。
老朽化した設備のリニューアルをはじめ、土木建築設備の修繕・改善工事もいろいろと担当していますが、これらの業務は全て発電所の効率的かつ安全な操業に直結する重要な仕事であり、電力の安定供給を根本から支えているという自負と誇りを感じる仕事だと思っています。

共電ならではの魅力

自分が設計した構造物が無事完成したときや、定期点検などで問題なく稼動し、設備が使用されているのを見た時、大きな達成感を感じます。共電は、若い人の発言も聞いてくれる先輩がたくさんいることや自分の気がつかなかった能力も引き出してくれるような新しい挑戦の場を用意してくれます。やる気と能力が十分に発揮できるチャンスを与えてくれるところが魅力であり、やりがいを感じる大きなポイントだと思います。また、発注者としてメーカーをはじめ色々な業種の方と交流し、知見を広めることができるのも魅力ですし、地元との関係が良好で毎日の仕事を通して地域社会に貢献している手ごたえを感じることもできます。

共電ならではの魅力

これからの目標とメッセージ

これからの目標とメッセージ

誰からも信頼される先輩になり、自分の担当の仕事については誰よりも熟知した頼られる人材になりたいと思っています。また規模や種類に関わらず、発電所建設工事の担当をたくさんしていき、自分の手で想いをカタチに変える体験をしてみたいと思っています。
これから、自ら積極的に動ける行動力のある方とチームを組んで、いっしょに新たな建設工事業務や設備の改良・改善業務などに挑戦していきたいですね。

go to top
x