FACILITY INFORMATION 設備情報

環境と調和した、
エネルギーのベストミックスを目指します。

住友共同電力

火力、水力をあわせて65万kW超の発電設備を持つ当社。クリーンエネルギーの代表的な存在である
水力発電はもちろんのこと、火力発電においてもバイオマス燃料の導入や熱併給の採用など、
エネルギー効率の向上、新エネルギーの利用、省エネルギーの推進に積極的に取り組んでいます。

火力発電所

環境に配慮した発電システムの採用で「火力」の
イメージを大きく変えています。

火力発電所

火力発電としては、当社は新居浜東、新居浜西、壬生川(にゅうがわ)の3ヵ所の発電所に計6基、届出出力合計579,600kW、太陽光発電として1,000kWの発電設備を有しています。石炭火力で木質バイオマスを混焼する方式や近隣工場へ蒸気供給も併せて行う熱電併給方式の採用、下水処理場で発生する消化ガスの利用など、それぞれ特徴ある発電方式を取り入れながら「環境との共生」をめざす発電事業を展開しています。

水力発電所

環境にやさしいクリーンエネルギー。
水力発電の新しい可能性も展望しています。

水力発電所

水力発電としては、愛媛県内6ヵ所、高知県内5ヵ所、計11ヵ所の発電所、届出出力合計81,310kWの発電設備を有しています。当社の水力発電の特徴は、MW単位の小・中規模発電に加えて、1,000kW以下の小水力発電、100kW以下のマイクロ水力発電の独自のノウハウを有し、小水力・マイクロ水力発電の開発に関するコンサルティング事業も展開しています。

発電所スペック

火力発電所スペック

火力発電所 名称 使用燃料 届出出力(kW) 完成年月
新居浜東火力 1号機 石炭·重油·消化ガス他 27,000 1969年2月
2号機 石炭·重油·消化ガス他 2,600 2006年11月
新居浜西火力 1号機 石炭·重油·バイオマス 75,000 1959年8月
2号機 石炭·重油·バイオマス 75,000 1962年9月
3号機 石炭·バイオマス 150,000 2008年3月
壬生川火力 1号機 石炭、重油、バイオマス 250,000 1975年3月
太陽光発電設備 1,000 2013年3月
580,600kW

水力発電所スペック

水力発電所 水系 発電方式 届出出力(kW) 完成年月
大保木 加茂川 水路式 3,160 1925年3月
高薮 吉野川 水路式 14,300 1930年10月
兎之山 加茂川 水路式 7,500 1953年1月
仙頭 物部川 水路式 7,100 1957年7月
川口 物部川 水路式 7,200 1957年11月
五王堂 物部川 水路式 12,200 1960年7月
東平 吉野川·国領川 ダム水路式 20,000 1966年4月
山根 吉野川·国領川 ダム水路式 6,700 1966年4月
黒瀬 加茂川 ダム式 2,000 1982年9月
大平 吉野川 水路式 150 2014年6月
小美野※ 吉野川 水路式 1,000 1959年10月
81,310kW
※特定電気事業用設備

設備所在地

火力発電所

水力発電所