BUSINESS CONTENTS 事業活動(住友共電チャレンジ)

次世代コンクリート材料(CfFA)の製造

次世代コンクリート材料(高品質フライアッシュ(CfFA))の製造

住友共電グループでは、石炭火力発電所から発生する石炭灰を加工し、灰中に含まれる未燃分を極限まで低減した高品質フライアッシュ(CfFA)を製造しています。
このCfFAは、コンクリートの長寿命化や仕上がりの美しさが評判を呼び、建設業界で注目の原料となっています。

高品質フライアッシュ(CfFA)のご紹介

住友共同電力グループでは、高品質フライアッシュ(CfFA)の製造(石炭灰の再資源化)を行っております。

CfFAとは(技術の特徴)

高品質フライアッシュ(CfFA)
高品質フライアッシュ(CfFA)

高品質フライアッシュ(CfFA)とは、石炭火力発電所の副産物である石炭灰を、加熱改質したコンクリート用混和材です。石炭灰中の未燃分は通常5%程度残っていますが、高品質フライアッシュ(CfFA)はこの未燃分を1%以下に低減しています。

未燃分を1%以下にすることで、コンクリートに必要な空気量を確保し、品質を安定させることができます。

高品質フライアッシュ(CfFA)による主な効果

橋梁下部工(健全化・長寿命)
橋梁下部工(健全化・長寿命)

コンクリートの品質向上に寄与
コンクリート中のアルカリ成分と骨材中の特定の鉱物とが化学反応して膨張し、コンクリートに亀甲状のひびわれが生じることで重大な欠陥となります。(アルカリ骨材反応といいます)
CfFAを使用することで、ポゾラン反応※によりコンクリート中のアルカリ(水酸化カルシウム)が消費され、膨張反応を抑制することができ、コンクリート本来の機能を確保できます。

コンクリートの長寿命化

コンクリートの長寿命化
CfFAはコンクリートの単位水量(コンクリート1m3に混ぜる水の量)を低減させる効果や、ポゾラン反応※という硬化特性があります。単位水量を低減させることでひびわれが抑制でき、ポゾラン反応により緻密なコンクリートができます。コンクリートは、ひびわれから水や空気中の二酸化炭素が侵入して鉄筋が腐食することで耐久性が減少しますので、CfFAはコンクリートを長寿命化させます。

※ポゾラン反応 : フライアッシュ自体に水硬性はないが、コンクリートの硬化過程で生成される水酸化カルシウム(Ca(OH)2)とフライアッシュ中に含まれる二酸化ケイ素(SiO2)が常温で化合して密実な組織を形成します。

高品質フライアッシュ(CfFA)を使用した工事の施工例

砂防堰堤(土木工事:マスコンクリート用

砂防堰堤(土木工事:マスコンクリート用)

CfFAによる効果

CfFAでセメントを代替しているため発熱量が小さいことや、ポゾラン反応がゆっくりとした反応のため、温度によるひびわれが低減できます。
コンクリートボリュームの多いマスコンクリートに適しています。

建築工事(美装効果・ライフライン強化)

建築工事(美装効果・ライフライン強化)

CfFAによる効果

コンクリートがCfFAのポゾラン反応により、ち密になりますので表面が滑らかで美観が向上できます。打ちっぱなし構造物、建築物の施工に向いています。
また、流動性が向上するため狭い場所への打設が可能です。

参考情報

お問い合わせ窓口
(株)住共クリエイトサービスセンター
TEL:0897-34-6231 FAX:0897-32-7695